次世代育成支援スポーツ事業 陸上競技教室(愛媛県西条市)

西条市役所 こども健康部 スポーツ健康課 原 剛志 さん

西条市では、次世代を担う子どもたちを対象にトップアスリートによるスポーツ教室開催しており、本教室は2005年度から開始し、2019年度で15年目を迎えました。
現在は、市内小学4~6年生を対象に実施をしており、毎年約100名の子どもたちが参加しています。
これまでを振り返ると、2種公認陸上競技場である「ひうち陸上競技場」から国内有数の屋内練習場である「ビバ・スポルティアSAIJO」へ会場を変更し開催するようになり天候に関係ない教室の運営が可能となりました。高野理事長はじめ、講師の皆さま方にも大好評であります。また、教室では創意工夫されたプログラムを作成していただいており、人気の教室となっております。
また、2011年から2013年までの3年間は西条市教育委員会の主催で西条市内の小学校26校を、髙野理事長が訪ね、小学4年の国語の教科書に掲載の「動いて・考えて・また動く」を題材に、国語と体育を融合した特別授業を実施していただく「ゆめプラン」事業にもご協力いただきました。

※2019年6月に開催した「陸上競技教室」の様子

例年、教室の最後に行う50m走記録測定では多くの参加者からは「自己ベストを更新した。」「走ることが楽しくなった」との感想をいただくことも多く、西条市の次世代育成に大きく貢献し将来、本市を代表するアスリートの通過点となる日も近いと期待しております。