世田谷アスレティクスアカデミーの10年を振り返り

公益財団法人世田谷区スポーツ振興財団 管理課 松本竜太さん

世田谷アスレティクスアカデミーは、子どもの体力・基礎運動能力向上等を目的に2007年度から開始し、2019年度で12年目を迎えました。現在は、キッズ1クラス、ジュニア2クラス、オープン1クラスで実施をしており、会員数は約110名となっております。
立ち上げ当初(2008年度)は3~6年生86名でスタートし、2009年度にはオープンクラス(中学生以上)、2012年度にはキッズクラス(小学1・2年生)、2013年度にはジュニアクラス(4~6年生)を1クラス追加し、100名を超える会員で運営するまでの規模となりました。 ※STAA 2009年の練習風景

これまでを振り返ると、会場である陸上競技場での改修工事等があり、近隣の小学校へ会場を変更したり、野球場の外野部分で練習したりと高野理事長はじめ、講師の皆様にはプログラム作成において、大変ご迷惑をおかけしました。そのような制限された環境下でも創意工夫されたプログラムにより、参加者の皆様にご満足いただける充実した指導をしていただきました。
今年度も工事の影響により、やむなく屋内での運営をお願いをしておりますが、講師の皆様が逆境をプラスにし、体育館だからこそできるプログラムを!と様々な道具を使用しながら、楽しく安全にご指導いただいております。また、特に音に合わせて行う「4・1ラン」や「リズミック・スキップ」は多くの参加者から楽しいと大好評です。

こうして、これまで大きな事故もなく、参加者の皆様が毎週楽しくアスレティクスアカデミーに通ってもらえることは、高野理事長はじめ講師の皆様のおかげであり、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。 
※STAA 2018年の練習風景

世田谷アスレティクスアカデミーも次の20年に向けて、新たなスタートを切りました。世田谷区の子どもたちへ「走ることの楽しさや奥深さ」を伝えるために、日本ランニング振興機構の皆様と一緒に魅力的なプログラムを伝えていきたいと考えております。引き続き、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
※ 2009年 世田谷ジュニアアカデミー集合写真

公益財団法人世田谷区スポーツ振興財団

世田谷アスレティクスアカデミー(STAA)

「パートナー企業・団体からのメッセージ」バックナンバーはこちら