「JRPO夏休みナイターかけっこ教室2019」開催レポート

夏休みの3日間、集中してかけっこに取り組みました!

こんにちは。JRPOの有江活子です。
毎年恒例の、JRPO夏休みかけっこ教室、今年は、8月19日から21日までの3日間、
夏の日差しを避けて17時から19時までのナイター開催で実施しました。
参加したのは、神奈川県や東京都の小学生93名。
東海大学湘南校舎を会場に、少人数のグループに分かれ、3日間連続の集中講座で「かけっこの基本」を徹底的に学びました。

1日目、まずは髙野進先生の特別講義からスタート。
「速く走るためのコツ」をテーマに、子どもたちと保護者の皆さんも一緒に階段教室で講義を受けました。

3日間のプログラムを確認して、陸上競技場へ移動。かけっこ実習のスタートです。

初日のテーマは「腕振りマスターと体幹の操作」、
2日目は「4・1ランのマスター」、
3日目は「ダッシュ&スプリントのマスター」
日毎のテーマに沿って、3日間、グループごとに徹底的に取り組みました。

日没後、時おり涼しい風も吹く中、3日間、集中して取り組むことができました。

参加者アンケートの集計結果です。 (回答数45)

教室はいかがでしたか?

先生の話はわかりやすかったですか?

運動量はいかがでしたか?

走り方は変わりましたか?

具体的に変わったところを教えてください

自由記述から

・1グループ12、3人程度で、とても程よい人数だったと思います。子どもたちも待つことが少なく、集中力が途切れず楽しめたと思います。
・仲間と共に練習ができ、友達の練習の様子を見ながら、努力でき良かったと思います。
・丁寧に手足の形、走る姿勢を教えてくださり、日に日にフォームが上達するのがよくわかりました。リズム、音楽に合わせてやるのは、よかったと思います。コーチは優しく、熱く、丁寧で、指導する声かけが、子供の興味を非常にそそっており、我が子も信頼を得て聞いてました。ありがとうございました。楽しかった、走るの気持ちいいって毎日言っていました。
・日が暮れ始める頃からなので、暑さもだいぶ落ち着いていたのでちょうど良い時間帯だったと思います。
・親としては、時間帯はちょうどいいですが、子供はあと一時間長くやりたかったそうです。
・3日間で腕の振り方とスタートダッシュが変わりました。足の早いお子さんが多く、本人も刺激になって良かったです。休憩が短い事もダレずに良かったと思います。
・3日間で、少し走るのが早くなってると実感したようで、これからも「レとく」、「4.1」を意識して走ると意気込んでました。帰り道で、息子が走るのが楽しいっと言っていて、そう思えた事が、この3日間、本当に価値があったと思いました。ありがとうございました。
・この3日間しかなかったので夏休みは選択出来るように何回かプログラムを組んでほしい。
・子供がヘトヘトだったので、もう少し短くても良かったのかな?と思いました。初日より早く走れるようになって、本人も自信がついたようです。ありがとうございました。
・3日間、お世話になりました。集中的に練習できる為、子供達も吸収が早く合宿的な感じで達成感があったようです。
・先生の指導で走り方の迷いがなくなりました。足は、どのようにどこまで上げるのか、腕はどのように振ればいいのか、などてす。これからの走りにきっと役に立つと思います。ありがとうございました。
・また、来年も参加したいです。

大変嬉しい声を、沢山、いただきました。ありがとうございます。

JRPOでは、引き続き、「かけっこが好きになる」プログラムを提供して参ります。